2018年10月30日

今日も録ってみた。/中神謙一

herel_top.png
前回の録音を聞き、台本を書き直し、新バージョンで読み。
説明が足りなかった部分を足したり、言い換えたりして読む。
ここはゆっくり、ここの会話はテンポよく、と緩急をつけていく。
そして各場面のイメージを出演者に説明し、また読む。

そして録音する。

聞き返すと、前回の録音より、キャラクターの輪郭がはっきりしてきて、
音楽はないけど、これはこれだけでも面白いと思う。

見える人の前でやる朗読劇。
見えない人の前でやる朗読劇。
同じ朗読劇でも違う部分がある。その両方のいいところを狙いたい。

坂口ゆいが演じるヘレンの台本にない部分の声が難しい。
ここは指揮者がいるんじゃないかと思うくらい、声のバランスが
ボクは「杖」のアクセントがおかしかった。
あと、イメージに悩んでいたりする部分が、
(声だけだと)思った以上に声に出てる。
迷いみたいなのが伝わってしまう。

イメージをはっきりとさせなきゃ!と改めて思う。
これを聞き直して、さらにナレーション、モノローグの部分、
その辺りをもう一度整理して台本を修正する。

並行して、立ち位置、小道具、動きなんかも決めていかなくては。
次回、さらに書き直しの台本で読んで、それで本は一旦決まりにするつもり!


IMG_4545.JPG
posted by STAFF at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読劇Helen
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184811844
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック