2018年12月10日

小屋入り、本番、そして終演!/中神謙一

santacross_full.png
怒涛の小屋入り!
今回はSANTA×CROSS初の囲み舞台。
アクティングエリアの真ん中に、物語の象徴となる屋根が建ちます。
もともと演劇ではなく、映画上映のスペースとして利用されているKAVCシアター、
照明や音響の仕込みも大変。

それでも悪くないペースで仕込みは続き、
仕込み初日の夕方には役者さんが屋根にあがって動きをチェック。
ソリを使って客席の間を駆け抜ける。
いわゆる動線チェックタイム。
IMG_4976.JPG
劇中の動きを確認してみたり、
IMG_4972.JPG
高さを確認してみたり。

今回の屋根は囲み舞台ということ、
いつもより小さいということ、
いつもより近いということ、などもあって、シリーズ最大の傾斜でした。

見ているより、立つとわかる傾斜感。
役者さんたちが、最初立った時に「おお…」と漏らしたのが印象的(笑)
仕込み二日目は場当たり・場当たり。
これがとても順調だった!

ラストの、袋バチバチの体力がいる場面は、あえて明日に回して早めに終了する余裕。
素晴らしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして翌日、ラストシーンのきっかけを確認して、ゲネ、本番。
IMG_4982.JPG

あとはもう、毎日毎日があっという間でした。
本番中、大きなアクシデントもなく、本当に皆の力に支えられた公演でした。

ボク自身、色々試した公演だった。
上手くいったこと、いかなかったことがあったけれど、
サンタグランパ並のスピードで駆け抜けたような公演だった。
(あのシーンの明かりと音が大好きです)


公演後の色々や、ちょっとしたエピローグ的なことを書いて、
SANTA×CROSSケイコバブログは終わりにします!
あと一回、お付き合いください。
posted by STAFF at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | SANTA×CROSS'18